NEWS

[働くStyle] Special Interview #09 安田由希子

2016/12/01

-----食の世界に興味を持ったきっかけは何でしょうか?

子供の頃から料理番組が好きで観ていました。母が料理をしているところを見ていたり、

時々お手伝いもしていました。作る工程と食べることが好きですし、作ったものを食べてもらって「おいしい」と言ってもらえるのことが嬉しいです。

-----ABC Cooking Studio(以下ABC)で製菓講師の経験もありますが、お菓子作りのどのようなところが好きなのですか?

お菓子作りは実験のようなところもあり、興味を持ちました。子供の頃は、家庭科の先生になりたいと思ったこともありました。ストレス発散で夜中にお菓子を作ることもありました(笑)。読む雑誌もファッション誌ではなく食の情報誌などを読んでいました。

-----最初に就職されたのはどのようなお仕事ですか?

ホテルに就職し、ホテルでのイベントなどの企画に携わる仕事をしていました。ホテルでも料理のレッスンがあり、シェフと打ち合わせしたりすることがとても楽しかったです。

-----その後、ご結婚されてから、ABCの製菓コースを受講しようと思ったのは、どうしてでしょうか?

ケーキをちゃんと習いたいと思った時に、ABCのチラシを見つけたのがきっかです。資格を取得すればABCの講師になれるところに魅かれました。ライセンス取得後、すぐに講師になることができました。

-----講師になられてすぐに、エービーシースタイルにご登録していただき、弊社のお仕事でもご活躍されるようになりました。エービーシースタイルでのお仕事の魅力は何でしょうか?

エービーシースタイルの仕事は、イベント等の単発レッスンなどに関わりましたが、毎回人も仕事も場所も違うので、大変だけど面白いと感じます。初めてのメンバーで共同作業ができて、色々な人の知恵が集結するのも楽しいです。自分のライフスタイルに合わせて働けるところも自分には合っていると思います。はじめてのスタイルでのお仕事は、イベントブースで大量にクッキーを焼く仕事でした。

-----現在は、高等専門学校での講師業務やワークショップでの調理など幅広く活躍中です。ABCマーケットで発売しているキットの開発をされていますが、開発にあたり心がけていることは何でしょうか。

初心者でもできる作りやすいものを開発しています。また、出来上がりの見た目、味だけでなく、コストも考えながら、担当者と話し合いながら進めています。ものづくりの苦しさもありますが、出来た時の楽しみがあるのでそこも味わっていきたいと思います。

-----安田さんの今後の夢は何でしょうか?

ケーキ作り、食の仕事にはずっと関わっていきたいと思います。「食」以外では習字を習ってみたいです!英語の仕事にも興味があります。色々な出逢いがあり今の仕事につながっています。これからも、出逢いや縁の結果、辿りついた先であれば満足です。最終的には人との関わりの中でキャリアアップしていくと思うので、一緒に働きたいと思ってもらえるような仕事をしていきたいです。これからも目の前の仕事に全力で取り組んでいきたいと思います。

※現在は、ラゾーナ川崎スタジオで製菓講師としても活躍中

私の逸品【クグロフの型】

結婚して、はじめての主人からのプレゼントがこのクグロフ型でした。(Nico12月号のケーキもこちらで焼きました♪)

【NicoTable12月号に掲載しております】

 

 

 

一覧に戻る